FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~SEXY QUEST~⑤

11dama97
イーニク「むう、ここは・・」
ダァマ司祭「おお、目覚めたか勇者よ!」

11dama98
サモハン・マジョリン「イーニクさん!」
イーニク「お前らすまねえ、俺としたことが・・」

11dama99
イーニク「これが効くんだよな」
ジョボジョボッ
マジョリン「たくさん飲んでください!」

11dama101
ぐいぐいっ
ダァマ司祭「何それ」
マジョリン「私の特性ポーションです!」

11dama102
イーニク「魔女の小便を煮て作る」
ダァマ司祭「うっそ」
マジョリン「そんなわけないですっ」

11dama103
イーニク「冗談はさておき、今回はマジでやばかったぜ・・」

11dama104
それは1週間前、魔王軍に滅ぼされた廃墟でのことだ。

11dama105
街に入ってから、俺はずっと妙な声に呼ばれ続けていた。
”・・勇者よ、こっちに来るのだ・・比類なき力を与えよう・・”

11dama106
サモハン「桃尻ゲットw」
さわさわ
マジョリン「もうバカ、変態!」

11dama107
(こいつらには全く聞こえてないみたいだな)

11dama108
声に導かれてゆくと、俺は声の主・・宝箱を見つけた。
”さあ、私を開けて力を手に入れろ”

11dama109
後ろの二人は気付かずに、歩いて行ってしまった。
マジョリン「今度やったらタマ蹴るからね!」
サモハン「え、タマってなに?w」

11dama110
俺は何も迷わずに・・その宝箱を開けてしまった。
「何者だ、俺を呼んでいるのは!」
パカッ

11dama111
ズォォォォォォォオオオ・・・・・
「ふははは!力欲しさに私を開けたな、勇者よ!」
案の定・・出てきたのは、呪いのバックルだった。気付いたときにはもう遅かったぜ。

11dama112
呪いのバックル「さあ、お前に私の力をやるぞ!共に平和を踏みにじろうぞ!」
チカッチカッチカッ

11dama113
イーニク「・・この力があれば、もっと・・ふふ・・」
俺は誘惑に負けて、バックルを手にしてしまった。
自分の非力さで救えなかった人々を思うと、それがとても魅力的に見えた。

11dama114
イーニク「装備して、しばらくは理性で抑えられたが・・心から徐々に蝕まれてしまったわけだ」
ダァマ司祭「力を欲するのは、人も悪魔も同じか」

11dama117_result
イーニク「おう、オメーら」
サモハン・マジョリン「は、はい?」

11dama118
イーニク「俺の未熟さで、お前らに辛い思いをさせちまった・・すまなかったな」

11dama119
イーニク「今日でお前たちは解雇だ。退職金は十分やるから、どこか好きなところで楽しく暮せ・・」
「ちょっ」

11dama120
マジョリン「皆が別れてしまったら・・楽しいところなんて・・どこにもありません!」
サモハン「どうか捨てないで下さえ、兄貴!」
イーニク「お前ら!」

11dama121
イーニク「この馬鹿!馬鹿野郎どもが!」
お~いおいおい・・・

11dama122
ダァマ司祭(ふ・・こやつらになら、世界を任せられるわ!)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

11dama123
ドオオオォォォォォォォォォォォォォォォオオオンッ
最果ての魔王城。

11dama124
「呪いのバックルが、討ち取られましてございます」
「ぬぁにい!?」

11dama125
宰相スケキヨ「勇者めら・・未熟ながらも、その潜在力は計り知れません」

11dama126
魔王「ベルトの金具で十分と思ったが・・ワシに楯突くものは、ミジンコだろうと容赦せぬ!」
スケキヨ「バックルでございます、王よ」

11dama127
魔王「次の手はいかにする?」
スケキヨ「奴らもしょせんは愚かな生き物・・性欲には抗えません」

11dama128
魔王「なるほど、ハニートラップか!」
スケキヨ「左様にございます」
しゅるる・・

11dama129
謎のくノ一「勇者らの命・・このナナコマ・ツシマがもらい受ける!」
ドンッ!

~続く~
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。